中村俊輔 ポルノグラフィティ

中村俊輔 ポルノグラフィティ

Facebook
Twitter
RSS

中村俊輔 ポルノグラフィティ

fabianschultz:

その計画策定の段階でも気付けたはずだ。昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。 エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。 「試合に出ることが一番。 そして、「背中にはHATANO(波多野)とくるので、ゴー(50)とダジャレを入れながら決めさせて頂きました」とおどけつつも、背負うことになった背番号50を誇らしげに見つめた。

その計画策定の段階でも気付けたはずだ。昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。 エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。 「試合に出ることが一番。 そして、「背中にはHATANO(波多野)とくるので、ゴー(50)とダジャレを入れながら決めさせて頂きました」とおどけつつも、背負うことになった背番号50を誇らしげに見つめた。


中村俊輔 ポルノグラフィティ

その計画策定の段階でも気付けたはずだ。昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。 エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。 「試合に出ることが一番。 そして、「背中にはHATANO(波多野)とくるので、ゴー(50)とダジャレを入れながら決めさせて頂きました」とおどけつつも、背負うことになった背番号50を誇らしげに見つめた。

その計画策定の段階でも気付けたはずだ。昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。 エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。 「試合に出ることが一番。 そして、「背中にはHATANO(波多野)とくるので、ゴー(50)とダジャレを入れながら決めさせて頂きました」とおどけつつも、背負うことになった背番号50を誇らしげに見つめた。

その計画策定の段階でも気付けたはずだ。昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。 エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。 「試合に出ることが一番。 そして、「背中にはHATANO(波多野)とくるので、ゴー(50)とダジャレを入れながら決めさせて頂きました」とおどけつつも、背負うことになった背番号50を誇らしげに見つめた。

その計画策定の段階でも気付けたはずだ。昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。 エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。 「試合に出ることが一番。 そして、「背中にはHATANO(波多野)とくるので、ゴー(50)とダジャレを入れながら決めさせて頂きました」とおどけつつも、背負うことになった背番号50を誇らしげに見つめた。


中村俊輔 ポルノグラフィティ


その計画策定の段階でも気付けたはずだ。昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。 エンブレムに使用されている縦のストライプに矢羽根の質感を融合させ、スピード感、躍動感を表現。 「試合に出ることが一番。 そして、「背中にはHATANO(波多野)とくるので、ゴー(50)とダジャレを入れながら決めさせて頂きました」とおどけつつも、背負うことになった背番号50を誇らしげに見つめた。